媚薬の塗るタイプとは違う種類のラブグラの特徴

ラブグラは、1998年にアメリカの製薬メーカーが販売を開始したED治療薬のViagraと同じ主成分sildenafilを配合している内服薬ですが、女性を対象としているということから全く違う薬となっています。作用機序は、Viagraと同様にPDE-5還元酵素の活性を抑制することにより血流量を増加させるという内容ですが、clitorisが充血するということで不感症や性的興奮障害の改善効果が発揮されます。

これは、Viagraが勃起不全を改善するという作用に限定していたのとは対照的であり、Lovegraというネーミングが示している様に医薬品の種類としては媚薬に分類されています。このために、Viagraの場合はアメリカでの販売開始からわずか半年程度で厚生労働省が承認したのに対して、ラブグラは現在でも未承認です。これは、快楽目的で使用するものとして取り扱われていることが理由と推測されます。

なお、ラブグラ以外にも媚薬には様々な種類が提供されており、塗るタイプのものも少なくはありません。この塗るタイプとラブグラとの一番の違いは、5時間から6時間効果が続くという持続性です。このために、一度の使用で複数回のプレイを楽しむことが可能です。

ただし、強力な作用があるという反面、間違った利用をした場合には生命にかかわる危険があります。sildenafilは、元々は狭心症の治療薬として開発された成分で、血圧を下げるということを目的としています。このために、低血圧や高血圧が著しい人や、心臓に障害を抱えている人は服用することはできません。また、ニトログリセリン系の降圧剤との併用も禁止されています。これらは、Viagraと同じ注意事項です。

また、媚薬は通販で購入できます。
媚薬が売っている通販サイトはいくつかありますが、偽物には注意し、なるべく口コミが多いサイトで注文しましょう。